FEM講習会(初級編)のご案内 (CPD対象)

近年実務における変形解析の需要の高まりから、地盤の力学挙動を精密に再現できる様々なプログラムが開発され、有限要素法(FEM)に基づく数値解析の役割はますます重要となっております。 本講習会では、FEM解析の基礎的事項に関することから、地盤変形解析への応用を視野に入れながら、構造部材よりも連続体を念頭に有限要素法の原理と関連した概念を説明致します。今回だけで地盤変形解析に必要な知識を全て網羅はしていませんが、力学的基礎から変形問題への適用までの流れを俯瞰し、今後の発展的なスキルアップの端緒を与えたいと思います。また、実務的には泥炭は沖積粘性土などの一般的な軟弱土とは異なる極めて特殊な工学的性質を持っているため、FEM解析に用いる土質パラメータの決定法にも通常の方法が適用できないことも多いです。本講習会では、泥炭の特殊な性質を踏まえて、FEM解析に用いる土質パラメータの決定法についても説明致します。

開催日時・会場・講習会費など

開催日時

平成30年11月30日(金) 9:00~16:45


講習会場

(国研)土木研究所寒地土木研究所1F講堂 (札幌市豊平区平岸1条3丁目1番34号)


講習会費

会員7,000円・非会員10,000円・学生2,000円 (消費税、配布資料代含む)


定員

70名


G-CPDポイント数

6.5

講習会の内容と講師

時間 内容 講師
9:00-10:30 はじめに:本日の内容構成
下準備:力学状態記述に関する基礎の復習
 ・応力とひずみ
 ・弾性
 ・有効応力
北海道大学大学院工学研究院
 准教授 西村 聡
10:30-10:40 休 憩
10:40-12:00 有限要素法とは
 ・原理(離散化)、差分法との比較など
 ・解き方
北海道大学大学院工学研究院
 准教授 磯部 公一
12:00-13:00 昼休み
13:00-14:30 土の構成モデル
 ・弾塑性とは
 ・カムクレイ
北海道大学大学院工学研究院
 准教授 西村 聡
14:30-14:40 休 憩
14:40-16:00 変形解析への適用
 ・実際の解析の流れ
 ・土-水非連成問題(排水条件)
北海道大学大学院工学研究院
 准教授 磯部 公一
16:00-16:45 泥炭地盤のFEM解析に用いる土質パラメータの決定法 (国研)土木研究所寒地土木研究所
 寒地基礎技術研究グループ
 寒地地盤チーム
 総括主任研究員 林 宏親

申込み方法など

申し込み方法

①参加者氏名②会員種別※必須。会員(個人,法人)または非会員③勤務先・所属④連絡先(郵便番号・住所及び電話・FAX番号)⑤送金額・会費送金予定日(事前に払い込み下さい)を明記し,下記申込み先までメールにてお申し込み下さい。(参加券の送付はいたしません。定員に達して参加いただけない場合には折り返しご連絡します。受講証明書は会場に用意しますので、ご希望の方は受付へお申し出ください)


講習会費の振込先

※銀行口座 新生銀行札幌支店(普通)3357089
口座名 公益社団法人地盤工学会北海道支部(コウエキシャダンホウジンジバンコウガクカイホッカイドウシブ)


申込み先

〒004-8585 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目4番1号
株式会社ドーコン 環境事業本部 地質部 左近利秋
電話 011-801-1570
E-mail ts1357(アット)docon.jp (アット)の部分を「@」に置き換えてご使用ください


申し込み期限

平成30年11月22日(木)


主催・後援

主催

公益社団法人 地盤工学会北海道支部


後援

国立研究開発法人 土木研究所寒地土木研究所

問合せ先

公益社団法人地盤工学会 北海道支部


HPアドレス http://jgs-hokkaido.org/pastweb/hokkaido.html
E-mail hjgs(アット)olive.ocn.ne.jp (アット)の部分を「@」に置き換えてご使用ください
電話 011-251-7038(FAX兼用),011-261-7742